Books&Appsが1年間で1,800件ものコンバージョンを生み出している理由

ティネクトはwebメディアBooks&Appsを運営しています。

そのBooks&Appsから年間1800以上ものコンバージョンが発生していることを知っている人は少ないと思います。

 

コンバージョンとは、サイトを訪問した人が商品を購入したり資料請求をしたりすることです。ユーザーが閲覧以外で何かしらサイト内でアクションをすることです。

オウンドメディア運営を中心としたコンテンツマーケティング支援をメイン事業としている我々ティネクトのコンバージョンとは、オンラインセミナーの申込み、資料請求ダウンロード、メルマガ登録です。

 

 

Books&Appsは、毎日2記事ほど投稿される程度の小さなメディアですが、TwitterなどのSNSやgoogleなどの検索をきっかけに毎日約2-3万ユーザーが訪れます。

 

当たり前の話ですが、

Books&Appsに訪れるユーザーのほぼ99.99%は記事コンテンツを読みに来ています。

我々ティネクトもそのようなユーザーに応えるべき日々Books&Appsをエンタメメディアとして運営しています。

 

では、そのようなメディアに閲覧目的で来訪したユーザーがなぜコンバージョンをしているのでしょうか?

いや我々ティネクトがいかにして行わせているのかをここで明かしたいと思います。

 

なぜBooks&Appsからコンバージョンが発生するのか

 

答えは単純です。

来訪者にとって「役に立つ情報を与えている」からです。

ある特定の来訪者にとって役に立つ情報があり、資料をダウンロードしたり、セミナーに参加をしたりするのです。

 

ここで注意しなければいけないのは、来訪したユーザー全員が資料ダウンロードやセミナーが目的で来訪していない、ということです。

きっけは友人のリツイートかもしれないし、スマートニュースのようなニュースサイトだったかもしれないし、気になるワードを検索したら解決してくれそうなトピックを見つけたのかもしれないのですが、そこに自分にとって有用そうなコンテンツがあったから、サイトに訪れたのです。

 

つまりコンバージョンを目的に来訪するユーザーは誰ひとりいないのです。

 

では一体どのようにコンバージョンが発生するかというと

仕組みはこうです。

Books&Appsは記事の最後に必ず弊社からの「お知らせ」があります。

必ずです。

 

ここはいわば我々ティネクトにとっての宣伝スペースです。

この「お知らせ欄」を見た来訪者の中で、興味のある人だけがその内容を読み、本当に必要だと感じた人だけがクリックしアクションを起こします。

これこそが「ある特定」の人々にとっての「役に立つ情報」です。

そして、そのある特定の人々とは、コンテンツマーケティングに興味がある人、その業務にすでに携わっている人々です。つまり我々にとっての将来の顧客となり得る人々です。

 

ただし、何度も言いますが忘れてはいけないのは来訪者がBooks&Appsに訪れている目的は、その人にとって有用そうなコンテンツがありそれを読みに来訪しているということです。

決してこの宣伝スペースを見に来ているわけではありません。

 

だから、「お知らせ欄」は必ず記事の一番下です。コンテンツ閲覧の邪魔をしてはいけません。来訪者の目的を決して阻害してはいけません。読みたかった記事を読み、それ以降読みたくない人は無視すれば良いのです。

 

でもだからこそ私たちはここで堂々と宣伝を行うことができます。

営業対象となるコンテンツマーケティングの支援を必要としている人に向けて直接メッセージを届けることに注力することができるのです。

結果的に月間100コンバージョン以上が生み出されています。

 

Webメディアにとってメルマガは重要なコンバージョンポイント

さらにもう一つコンバージョンとなる場所があります。

メルマガです。

 

ただし、メルマガはメルマガ登録だけではコンバージョンとは言えません。

メルマガ登録してくださる読者は、Books&Appsのメルマガを期待して登録しているのであって、まずはその期待に応えるメルマガコンテンツを発信しなければいけません。↓

ですが、同じリストにも隔週で「セミナーの案内」をお送りしています。

これを我々はメルマガとは別のチラシDMと読んでいます。(まさに新聞の折り込みあったようなチラシのような位置付けだからです)

実は、このセミナー案内は開封率も通常のメルマガと同等の開封率を誇り、月間100件ほどのコンバージョンが発生するほどとても重要な営業ツールになっているのです。

 

つまりメルマガそのものが重要なコンバージョンポイントになっているのです。

 

 

このような方法でティネクトでは直近1年(2021年1月-12月)でオンラインセミナー1119件、資料ダウンロード705件のコンバージョンがありました。

 

コンテンツマーケティング支援を行っている我々もコンテンツマーケティングをしているのです。

コンテンツ記事の閲覧を目的に集まった来訪者の中からコンテンツマーケティングに興味のありそうな人を探し出し(コンバージョン)、さらにその中から我々ティネクトのコンテンツマーケティング支援を必要としているビジネスパーソンに営業活動を行い顧客を生み出すこと。

それが我々ティネクトが行っているコンテンツマーケティングです。

 

以上のようにBooks&Appsを通して我々はオウンドメディア運営支援の見込み客をほぼ100%Books&Appsを通して獲得しているのです。

 

(執筆者:ティネクト株式会社 楢原一雅)

【お知らせ】

コンテンツマーケティングの実施・運営にお悩みの企業内のマーケターを助けるべく、 ティネクトは

『累計2万リードを獲得したマーケターから基礎を学ぶ、「成果を出す」コンテンツマーケティング実践研修』


を開発しました。

このような企業の宣伝・広報担当者のお悩みを解決します。
・コンテンツマーケティングが、そもそも自社に向いているのかわからない
・コンテンツを量産する重要性は分かるが、正直継続する自信がない
・コンテンツマーケティングの目標設定や最適な効果の測定方法を知りたい
・そもそも、コンテンツマーケティングはコンバージョンを追って良いの?
・他社はコンテンツマーケティングを内製してるの?外注している場合その範囲は?

<研修内容>
1.コンテンツマーケティング概要 (20分)
・なぜコンテンツマーケティングが必要とされているのか?
・オウンドメディア運営で必要な「5つのスキルと全48タスク」

2.オウンドメディアコンテンツ制作実践編(60分)
・リサーチ編
・ライティング編
・シェア編
・コンバージョン編
・レビュー&レポート編

3.成果を出すためにやること(30分)
・1.成果を何と定義するか?
・2.役割分担を考える
4.Q&A(10分)


お申込み・詳細はこちらの資料をダウンロードください↓
https://tinect.jp/training/dlpage/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。