SEOコンテンツライティングの5つの神話(本当っぽい嘘)

検索エンジン最適化(SEO)で成功するためには、ユーザーフレンドリーで検索エンジンに優しいコンテンツを一貫して作成する必要がありますが、SEOコンテンツ作成に関する神話や誤解はまだ多く、ウェブサイトのランキングやユーザーエンゲージメントの妨げになることがあります。

そこでこの記事では、最も一般的なSEOコンテンツライティングの「神話」つまり「さも本当のようだが本当なのか怪しい話」をリストアップし、SEOのアルゴリズムそのものを作っているGoogle自体にその根拠を確かめ、それらを払拭します。

 

神話その1-検索エンジンで上位にランクインする唯一の方法は、キーワードを詰め込むことである

キーワードの詰め込みは英語では「キーワードスタッフィング」と呼ばれ、日本語では「キーワードの乱用」と訳されます。る検索エンジンのランキングを操作するために、ウェブコンテンツにキーワードやフレーズを大量に使用する手法のことです。

 

検索エンジンの初期には、このテクニックは、ビジビリティとランキングを向上させる有効な方法と見なされていました。

しかし、この神話は否定され、現在ではキーワードスタッフィングは検索エンジンによるペナルティの対象となることがあります。

 

検索エンジンは、高度なアルゴリズムを利用して、ウェブサイトのコンテンツの関連性と権威を判断しています。

これらのアルゴリズムは、コンテンツの品質や関連性など、さまざまな要素を用いてウェブサイトのランキングを決定します。キーワードの詰め込みは、検索エンジンにコンテンツをスパムとして扱わせ、ランキングに悪影響を及ぼす可能性があります。

 

Googleによると、キーワードは、単にテキストを埋め尽くすのではなく、コンテンツの品質と見識を向上させるような方法で使用する必要があります。

 

Googleのチームは、キーワードの詰め込みはペナルティにつながる可能性があると、コンテンツ制作者に警告しているほどです。

したがって、キーワードスタッフィングの代わりに、よく書かれた説明的なメタタグとタイトルでコンテンツを最適化することに焦点を当てます。

 

Google検索セントラル:Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー「キーワードの乱用

 

 

神話その2-SEOコンテンツは検索エンジンのためのものであり、ユーザーエクスペリエンスのためではない

 

SEOコンテンツは、検索エンジンのためだけに書かれるべきだというのは、よくある誤解です。実は、近年、ユーザーエクスペリエンスが検索エンジンのランキングに欠かせない非常に重要な要素になっています。

 

Googleは機械学習アルゴリズムを採用し、さまざまなランキング要素を通じてウェブサイトの使い勝手を調べ、鑑定までしています。その中には、サイト滞在時間、直帰率、クリックスルー率などが含まれます。

 

コンテンツが貧弱で最適化されていない場合、ユーザーはしばしば興味を失い、高い直帰率につながります。直帰率が高いということは、そのページがユーザーのニーズを満たしていないということを、検索エンジンに明確に示していることになります。

 

したがって、SEOコンテンツを作成する際には、検索エンジンと人間の読者の両方に合わせたコンテンツを書くことが必要です。コンテンツはきちんと構成され、文法的な間違いがなく、読者にとって魅力的なものであることを確認すること。

 

Google検索セントラル:SEOの基礎「優れたページ エクスペリエンスを提供する

 

 

神話その3-長いコンテンツは常にSEOに有利である

SEO業界では、コンテンツは長い方が良いという俗説があります。

この誤解は、コンテンツが長ければ長いほど、読者にとってより多くの情報と価値を提供できるという思い込みにあります。しかし、検索エンジンがウェブページをランク付けする際に見るのは、長さだけではありません。

 

実際、ユーザーエンゲージメントとコンテンツの質は、ウェブサイトのランキングを決定するための不可欠な要素です。

 

長いコンテンツがランキングを向上させる場合があるのは事実ですが、コンテンツの長さを強制しないことが重要であり、決して質を犠牲にしてはいけません。必要な情報をできるだけわかりやすく伝えることに重点を置くべきでしょう。ユーザーに価値を提供する高品質で簡潔なコンテンツは、価値のない長いコンテンツよりも常に好まれます。

 

例えば、2,000ワードもあるブログ記事で、無関係な情報を詰め込んだものがあるとします。読者を惹きつけ、ページ内に留まらせることは難しいでしょう。また、600字程度の簡潔な記事で、実行可能なステップを盛り込んだものは、より多くの読者を惹きつけ、注意を引くことができます。

 

したがって、SEOコンテンツライターは、ユーザーのニーズや好みを念頭に置いてコンテンツを作成することを目指すべきであり、単に最前面のスペースを埋めることを目的とするのではありません。

 

Google検索セントラル:SEOの基礎「検索エンジンを第一に考えたコンテンツ作成を回避する

Google が優先する文字数があるとどこかで聞いたか読んだかしたために、特定の文字数になるように記事を書いていますか(そのような設定は存在しません)”

 

神話その4-SEOコンテンツライティングに関しては、量は質よりも重要である。

大量のコンテンツを制作することは確かに価値がありますが、検索エンジンのランキングを決定する最も重要な要素ではありません。これと相まって、低品質なコンテンツはランキングを上げるどころか、ペナルティを受けることになりかねません。

 

投稿数の多さだけに注目すると、読者にほとんど価値を与えない低品質なコンテンツが生成されてしまうことがあります。品質が低下すると、ユーザーエンゲージメントが損なわれ、検索エンジンの順位が下がることになります。

 

SEOコンテンツライターは、質より量にこだわるのではなく、計画、調査、最適化など、十分な知識を持ったSEO戦略に基づいてコンテンツを開発する必要があります。

 

Google検索セントラル:SEOの基礎「コンテンツと品質に関する質問

 

 

神話その5-SEOコンテンツライティングは一度きりの作業である。

当然のことながら、多くのビジネスオーナーやマーケティング担当者は、SEOコンテンツライティングは1回きりの作業だと考えています。しかし、SEOコンテンツの作成は、モニタリングと更新が必要な継続的なプロセスです。

 

検索エンジンのアルゴリズムは常に進化し、更新され続けています。

その結果、1年前に最適なパフォーマンスを発揮していたコンテンツが、現在では効率的に機能しているとは限りません。したがって、高品質のコンテンツを定期的に維持することで、検索エンジンは関連性と最新性を兼ね備えたコンテンツを見つけ、ランク付けすることができるようになります。

 

効果的な戦略には、新鮮なコンテンツを導入し、現在のコンテンツと統合することを目的とした、継続的なコンテンツプランが必要です。そうすることで、ウェブサイトは検索エンジンのランキングとサイトトラフィックを継続的に向上させることができます。

 

Googleサーチ:検索の仕組み「情報の整理 新しい情報を常にクロール

 

 

まとめ

結論として、SEOコンテンツの作成に関しては、多くの神話や誤解がウェブサイトの成功を妨げる可能性があります。検索エンジンで上位に表示されるためには、ユーザーエクスペリエンスを重視した質の高いコンテンツを作成する必要があります。この記事から得られる主なポイントは以下の通りです:

1) キーワードの詰め込みは避け、代わりにコンテンツの説明文の充実を重視する。

2) 検索エンジンへの最適化だけにこだわらず、ユーザーエクスペリエンスを意識してコンテンツを書く。

3) 単に長さだけでなく、コンテンツの品質とエンゲージメントを最重要視する。

4) 量より質を重視する。低品質なコンテンツでウェブサイトをスパムにするよりも、少ない本数で、よく吟味された記事を制作する方が良い。

5) SEOコンテンツ作成は継続的なプロセスであり、効果を維持するためには定期的なメンテナンスと更新が必要です。

これらのガイドラインに従うことで、企業はユーザーに価値を提供し、ウェブサイトの検索エンジンの順位を上げる高品質のコンテンツを作成することができます。

 

 

【お知らせ】
現在ティネクトではChatGPTを活用したマーケティング業務の内製化をテーマとして社内勉強会を行っております。


【概要】
様々な使われ方をされているChatGPTの事例を紹介しわかりやすく分類した上で、実際にマーケティング現場で活用されている実践例を紹介

【目的】
マーケティング業務にChatGPTを活用するためのヒントを与える

【内容】
1.ChatGPTの使い方4つの分類(10分)
2.Webマーケティングの役割は2つしかない(5分)
3.オウンドメディアコンテンツ作成にChatGPTを使った事例 (15分)
4.3.ChatGPTを経営課題の解決に使う:「顧客理解」のための9steps(15分)
4.Q&A(15分)


お申込み詳細・ご相談は こちら「ChatGPTを活用してマーケティングを内製化するための勉強会のご案内」ページをご覧ください

(2024/2/22更新)