Tinect

なぜバズるのか?バズる記事には理由がある。成功コンテンツを例に解説


はじめまして。Books&Appsというメディアを運営しています、ティネクト株式会社の楢原です。

 

メディアを運営している人は、PV数を上げたい!バズらせたい!

とSEO対策に躍起になっている人も多いのではないでしょうか?

 

私たちが運営しているBooks&AppsではSEOなど関係なく、どんな記事を載せようと最低で

5000PVほどはいきます。

最も読まれている記事は約150万PVを越えています。

 

今回はBooks&Appsがなぜ定期的にバズを起こしているのか、順序立ててお話したいと思います。

 

バズるって何?バズると何がいいの?

まず私の中でバズるとは、いつもの読者と違う層に記事が届くことだと考えています。

 

メディアを運営していると普段のPV数にそぐわない数値を叩き出す記事がまれに上がります。

その状態が「バズった」と考えています。

 

Books&Appsの場合、月間閲覧数がだいたい140万PV〜200万PV程度なので

1記事で10万PVになるとバズったという感覚です。

 

もし月間1万PVに満たないメディアだったら、1000PVの記事でもバズったと言えるかもしれません。

TwitterやFacebookなどSNSでシェアなどが盛んに行われ、

普段閲覧している読者とは違う人に拡散し記事が届けば、それはバズっていると言えます。

 

バズるコンテンツの法則!Books&Appsが伸びた理由とは?

スタートは1日1配信のブログ

Books&Appsは月間閲覧数140万~220万のオウンドメディアです。

 

元々は起業するための準備として、セルフプロモーション用に持ったブログでした。

 

毎日書かないとブログに人は集まらないということだけは知っていたので、

1日1本だけはブログを配信しようと6年ほど前にスタートしました。

 

SNSでの拡散を狙う

そんな1日1記事配信のブログがどう伸びてきたのか説明します。

 

まずブログをスタートさせた2013~2014年がどんな年だったかというと、多くの人がスマホを持ち始めた時期でした。

 

そしてFacebookを始める人が多かったのです。

 

とりあえず記事を自分のFacebookでシェアすれば見てくれる可能性は非常に高かったのです。

 

今はSNSは情報洪水になっていて、そんなに簡単に注目されないとは思いますが…

現在のBooks&Appsの読者は検索から3割、SNS3割、ダイレクト2割と言ったところです。

 

Books&AppsのFacebookのフォロワー数は12,935で、弊社の代表でありライターでもある安達のFacebookのフォロワー数が18,547です。(2019/9/2現在)ここから流入される読者がたくさんいるのです。

 

SNSで友人の友人に繋がる

バズる記事には大きく分けて2つの要素があります。

「メディア力」と「コンテンツ力」です。

 

「メディア力」ですが、そのメディアが持っているSNSフォロワーやPV数、UU数と、そのメディアに記事を投稿しているライターが持つフォロワー数が合わさったものと考えて良いです。

 

ただしいくらメディア力があったとして、記事が面白くなければ拡散は起こらないですよね?

 

ですので、一方ではもちろん記事の質「コンテンツ力」がとてもとても大切です。

 

ここでは、今現在SNSで拡散されやすい記事コンテンツとはどのような傾向があるかをBooks&Appsでバズった記事を参考にお話します。

 

①みんなが興味ある話題

Books&Appsで約34万PVを叩き出した『Googleの社員食堂に感じた、格差社会のリアル。』というタイトルの記事があります。

 

この記事がバズったのは、「Google」「社員食堂」という多くの人が関心を寄せる話題がタイトルに盛り込まれているからです。

 

もしこのタイトルが仮に、「IT企業の社員食堂に…」だったら、絶対ここまでバズらなかったはず。

この記事を書いたライターが『ほとんどのネットサロンはお金を出して電子ゴミを買う場所。』という記事を書いていますが、こちらは約2万9000PV。

 

同じライタ―ですがPV数に大きな差があります。

なぜなら、「ネットサロン」「電子ゴミ」という話題に関心持っている人が少ないからです。この記事はネットに詳しい特定の人にしか届きません。

同じ発信力を持つライターが書いても、たくさんの人の興味のある広い話題が書けるかどうかで、PV数にここまで差ができるのです。

②意外性がある

『部下が報連相しない理由は、上司に報告・連絡・相談するメリットがなにも無いから。』という約4万7000PVの記事があります。

 

報連相はするべきものだという常識がありますが、

それに対して「メリットがなにも無い」と常識を覆すような事実、「意外性」を言い放っているタイトルに読者は惹かれたのです。

 

自分が思っていることの反対のことを言われると、人は気になるものです。

 

この記事を書いたライターが「高橋留美子先生のマンガ『1ポンドの福音』はホントに面白いからおすすめ。」という記事を書いていますが、こちらは4300PVほどでもちろんバズりません。

 

それもそのはず。このタイトルから意外性は何も感じませんし、高橋留美子を知らなければ、「だからなに?」で終わってしまう内容でしょう。

 

③賛否両論がある

『運動は体に良いと言ったな。あれは嘘だ。』こちらは約23万PVにもなった記事です。

書き手の主観が書かれていて、それに対して「おいおい、そんなわけないじゃん」と

賛否を言いたくなるものは、バズりやすいです。

 

 

賛成意見だけでなく、反対意見がある人までネットで言及をするからです。

『日本一辛い麻婆豆腐を食べたら人生が光り輝いてみえるようになった話』こちらも同じライターが書きましたが、7400PV程度。

 

このタイトルに対して、「そう思ったのね」という感想はあっても、反対のしようがないため拡散されるまでには至らなかったのでしょう。

 

まとめ

Books&Appsのバズったコンテンツを例に解説してきました。

バズるコンテンツとは何かをまとめると

・メディア力(SNSフォロワー PV・UU数)

・記事力(SNSで評価される)

がかけ合わさったものであると言えます。

そのメディアにすでに毎日見にくるようなフォロワーがたくさんいて、

その人たちの多くに関心のある話題が提供された時、一気にバズが起こります。

 

私ができるアドバイスとしては、バズを狙いたいならまずはSNS「あなたの友人に向けて面白い記事を書く」ということですが、その話は次の機会に。

 

【お知らせ】

自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さまぜひご参加ください。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.オウンドメディアのお悩み3選とその解決方法
3.成果の出るオウンドメディア運営5Step

日時:11/07(木)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/9/14更新)


一覧に戻る